Crea sito

ストリートミニ四駆 競技規則

Version 10.4 (08-06-2017)

1. 競技車

  1. タミヤ製のどのミニ四駆モデルでも参加可能です。改造や調整も認められます。

2. 競技車の仕様

  1. 競技車は機能的な4WDシステムを持っていなくてはならない。
  2. ボディがシャーシに適切に保持されなければならず、レースの間にボディが外れることを防止するために、最低2つのアタッチメントを持たなければならず、それはシャーシに堅く固定されなければならない。
  3. レース中に競技車が危険でないよう確保する。
  4. すべての車は競技審査員により検査されなければならない。すべての改造は調節は規則に従わなければならない。
    検査を通過しなかった車は競技会に加わることができない。
  5. 予備の競技車を所有していることを許される。たとえいつ予備の競技車が必要でも、競技審査員によりそれは検査される。
    主要な競技車はそのレースの間に予備の競技車と取り替えることはできない。
  6. ガイドローラーの最大の数は最大4個。
  7. タイヤローラーの使用は許されない。審査員は、競技車において使われたすべての問題の解決をするものとする。

3. 車制限

  1. 最大の幅(含まれるローラー、拡張など):105mm
  2. 最大の高さ(含まれるスポイラー、スタビライザーなど…):70mm
  3. 最大の長さ(含まれる強化材など):165mm
  4. グラウンドからの最小の高さ:1mm
  5. 走る用意ができている車の最小の重量:90g
  6. タイヤ直径:MIN.22mm MAX.35mm
  7. 幅(タイヤ踏面):MIN.8mm MAX。26mm
  8. ホイールベース:MIN.79mm MAX.84mm
  9. 最小のホイールトラック:62mm

rules-street-mini-4wd

4. モーター

  1. タミヤミニ4WD(ミニ4wd/RCタミヤ)またはダッシュモーターの使用ができます。
  2. モーターは検査の後に交換できない。多くのモーターを検査させることが可能で、どのものを使うかを自由に決めることができます。
  3. モーターは外面的、または内部の改造はできません。
  4. モーターにおいて許された唯一の部分修正が調整していること、すなわちメンテナンス(クリーナーと潤滑油の使用)はできる。
  5. モーターカバーについてローターのポジションを改造するのは禁じられる。例えば、ボールベアリングまたはどのような他のスペーサーの使用など。
  6. いくつかのレースは、モーターのタイプでの制限があります。
  7. レース審査員は、検査に通ったモーターをマークします。

5. 電源

  1. 1.2/1.5ボルトの2種類の単3電池が使用できます。
  2. アルカリ電池とニッケル電池の使用が可能です。
  3. 単一のバッテリーの最大の重量は20g。
  4. 最大のアンペア数は単一の充電可能なバッテリーを考慮し1000mAh。
  5. もし審査員により明確に許されるならば、アルカリ性のバッテリーを使うことが可能である。
  6. バッテリー変更は許されない。
  7. バッテリーはそれらの仕様書を持っていなければならない。

6. オプション部品と予備部品

  1. どのような予備部品でも規則を違反しない限りどのようなブランドからでも使用できる。
    唯一の例外はシャシとボディで、それらはタミヤ製が使用できる。
  2. 部分の改造はに違反にあたらず修正できる。

7. 部分修正

競技車において部分改造にお気をつけください。
  1. ボディとシャーシは、より軽いように改造できる。
  2. ギアは、比率を増大させるか、またはどのような改造も可能である。いくつかのレースにおいては、ギア比率制限が設けられる。
  3. タイヤとホイールの改造は可能である。
  4. 競技車は、改造が違反しないならばどのような種類の電子工具でも使うことも可能である。
  5. 改造は違反しない自前の部分を使うことも可能です。
  6. ギアを露出するためにそれのシャーシ部分を改造することは不可です。

8. ボディの改造

  1. レース中、競技車が区別でき、識別可能でなければならない。
  2. ボディの改造は、過度なボティの変形をしてはならない。
    • ボディの軽量化は可能だが、重量の軽量化はフロントバンパーからリアまでの範囲で"プラスチックストリップ" ボディ変形を起こしてはならない。
    • ボディは、それらを"ふるい"で軽減する過度な丸い穴を持ってはならない。
  3. クリアボディは、区別できるように着色されなければならない。
  4. タミヤ製の素材を装飾物として使うことが可能である。
  5. 競技車のボディはバッテリー部をカバーし、シャーシの正面と後ろを覆うようにする。

9. 車検

  1. すべての競技車はレース審査員により検査されなければならない。
  2. レースの間に、競技車はいつでも検査できる。
  3. 競技車のセットアップは個々のレース検査の後には変更できない。
  4. 審査員による競技者審査概要(車レギュレーション、測定、モーター、バッテリーなど)    

10. ガイドスティックについて

10.1 特徴
  1. ガイドスティックは、重量、サイズ、および素材でも規定されている。
  2. スティックは飾られて、明るく調節でき違反しない限り改良できる。
  3. スティックは競技車に、どのような種類でも固定することはできない。(ワイヤ、ケーブル、コードなど)
  4. 異常な素材または機能のようなものは、審査員により是認されなければならない。
  5. クラブは、取り除かれたエッジおよびどのような投射もできない。
  6. どのような場所でも色の非蛍光性のテープでスティックに巻く。
10.2 制限
  1. スティック最大長:端から端まで:163cm
  2. スティック最大幅:4cm
  3. スティック最大厚さ:2.5cm
  4. ブレード最高長:端から端まで:32cm
  5. ブレード最大幅:7.5cm

Guide-Stick-Rules

10.3 ガイドスティックの使用
  1. ガイドスティックはマシーンをコントロールすることおよびルートの一部のために使用できる。
    例えば、ガイドスティックはマシンが非常に高い段差や障害物を手助けするために使用することも可能です。
  2. レーサーまたは敵対したマシーンを意図的に傷つけるために、ガイドスティックを使用してはならない。
  3. 競技車を押すか、または転覆したレースカーを戻すために、それが使用できるけれども、グラウンドに押し込み、障害により塞がれるようにスティックを使用できない。
  4. 接地するルートセクションからの競技車を持ち上げるための道具としてガイドスティックを用いることはできない。
  5. または競技車をより速くするためにガイドスティックで競技車を激し押すことを許されない。しかし、それは安全手段のためには許可される。

11. レース時の行動

  1. レースの間に、それは、レースの規則によって提供されない限り、あなた自身または相手の車を拾い上げることを許されない。例えば、いくつかのレースには競技車を拾い上げることを許される現特別エリアがある。
  2. 障害のためマシンが停止する場合、レーサーには違反せずにガイドスティックだけを使うことができる。
  3. レースの間にそれが車をコントロールすることは、ガイド棒の使用を除いた他の方法により許されない(いくつかのレースにおいて例外が提供しない限り)
  4. レーサーは自身の競技車によって接触をたしかめる必要がある。
  5. レースの間に、レーサーは停止し、もし偶然はずされるならば、それらの車の1つ以上の部分、またはそれらのガイドスティックを拾い上げることができる。
  6. レースの間に、それが競技車を交換するか、または他のレーサーに貸すのが禁じられる。もし競争相手が、他によりデザインされて、組み込まれている車と競争していることの疑念があるならば、車を分解し、再び組み立てるか、またはいくつかの特徴を説明するために、それが必要で、彼が車の実際のオーナーであると証明することができる。
  7. レースのために呼ばれたら、時間に現れることが義務である。
  8. 前もって決定されたルートをレース中に、最初にフィニッシュラインに到着するためにトラックの一部を“ショートカット”するのは禁じられる。レーサーが見誤るといけないので、パスを見落とし始めたそのポジション、レジュメに競技車を操縦しポイントに到着しなければならない。
  9. 下記状況のうち競争審査員の監督の下あなたの競技車に触れることを許される:
    • 偶然のスイッチオフ:競技車のスイッチオンを手動で行える;
    • 外部のオブジェクトによる競技車のブロック:パイロットは手で外部のオブジェクトを引き、レースに戻ることができる;
    • ホイールの損失:レーサーは次の通り作動できる:競技車を拾い。スイッチオフしホイールを収集し、車を再び組み立てて、レースを再開できる;
    • マシン転倒:レーサーは、そのランを続けるために、競技車を再配置できる;
  10. 個々のレースのその間に、そのレースが終えなければならないタイムリミットがそこで決められる。タイムリミットを越えてレースの終了は有効でない。従って審査員はそれの結果を定める;
11.1 トラックレース

うまく設計されたミニ四駆は、多くのグラウンドおよび克服された種々の状況において走行することが可能である。競技車が伝統的なトラックレースのレースまたは特色に適応することは可能である。

  1. トラック競技においてレーサー無しで触れなければならず/審査員の同意なしでトラックを動かすこと;
  2. トラックレースにおいて、競技車は車底、車側およびトラックの他の部分を損ってはならない;
  3. トラックレースにおいて、それが特に許されない限り、競技車の進行の間にそれがどのような点でも干渉は禁じられる;

12. 刑罰

  1. レーサーが押している。開始シグナルに先がけて競技車を投げることなど。レース審査員はレースの時間ペナルティなどを課すことができる。
  2. もしもレーサーがガイドスティックを違反で使うならば、ペナルティ受ける。
  3. もしもレーサーが違反した場合、ペナルティがある。

13. レース役員の制裁と決定

  1. 個々のレーサーはこの規定を読み、それにおいてそれに適応できるものとする。
  2. 調節またはレース管理についての論争の場合には、決定はレース審査員でとりきめる。決定は、即時限定詞、および明白な効果がある。
  3. レーサーによる規則の違反の場合には、規律上の行動は取られる。手段は含む:警告:非従順なレース手続のために進歩において同じ侵害のため2番の警告レーサーがレースから除外される。
    繰り返された非従順なレース手続のために結果が変わることもある。レース手続のスポーツマンらしくない指導、または重大な違反もそれにあたる。

14. 失格理由

これらのイベントの目的は楽しみである。しかし以下の状況が起こる時は、レーサーはレースから失格するときもある。

  1. 競技車に4WDでなく、または競技車と競争するには危険である。
  2. レーサーは、部分修正を、レースにおいて他の車を妨げることを意図的する。
  3. レーサーは、レースの時に、またはレースの後で、前に、競争する車または彼自身を意図的に破壊する。
  4. 検査の後に他の競技車に乗り換える。
  5. レース役員に背くか、またはレースを妨害する。
  6. スポーツマンらしくないまたは悪い行動を保持する。
  7. 車またはレース役員のオーナーの許可なしで他の車に触れる。
  8. 検査の間にレース役員を妨害する。
  9. 彼らがそれらの車をセットアップする間、他のレーサーを妨害する。
  10. 他の、取っているオブジェクト オブジェクトのオーナーの同意なしのレーサー。
  11. 調節の記事を違反する。
  12. レーサーは、レースパスの間違いの部分をしているゴールラインに到着する(前もって決定されたレースにおいて)
  13. 競技車が規定の改造に従ってない。
  14. 改造を意図的に迂回し、レースの間に改造されてもの。
  15. レーサーは、動くように、まだ条件に最初のものを持っている彼の予備の車を使用する(それはレース役員のため一件一件決められる)
  16. レースの間にあなたの最初の競技車をあなたの予備の車と取り替えることおよび逆もまた同様。
  17. レース審査員により検査されなかったレースにおいてモーターを使うこと。

15. 制限

個々のレーサーおよび自身の競技車は、競技の単一体である。

  1. レーサーは1台の車で登録しなければならない。同じレースにより多くの車を登録することは出来ない。
  2. 競技車は単一のレーサーにより使われる必要がある。チームでは、レースにおいてそれが特に要求されない限り、レーサーはチーム連れ合いの競技車は使用できない。
  3. 調節通りミニ4WDの現在のバージョンは先を破棄し、それは、公式なウェブサイト www.streetmini4wd.com のどのような他のより最近のバージョンが記載される。
  4. 他の制限と廃止は、競技会またはイベントの間に起こる場合もある。

16. 責任

  1. レーサーは、競技したマシーンについての責任がある。危険なスタート、コーナーでの争い、こぼこグラウンドは、自身または相手の車への不注意な損害を与える可能性がある。
    審査員は一件一件評価し、常識によってこれらの状況を解決するかを協議する。

  2. レース組織者は、参加者および財産の安全責任を担保するものではない。